耳の病気の症状や難聴の治療法とは?子供や乳児は音に敏感で、耳の病気にもかかりやすいと言われます。内耳のかゆみが治るにはどれくらいの時間がかかるのでしょうか? また犬や猫も耳の病気にかかりやすいので注意が必要ですね。

猫にも多い外耳炎の症状

耳の病気って人間だと赤ちゃんや子供がよくかかります。

症状は頭痛がしたり、めまい。吐き気、血が出るなど
人によってさまざまです。

耳は人間だけでなく、などのペットも耳の病気にかかりやすいと言われています。

普段から可愛いペットである犬や猫などをよく観察して
症状を見抜いて早期発見に努めたいですね。


・猫の外耳炎

外耳炎は猫の耳の病気では、一番多い病気です。
外耳道と呼ばれる耳の入り口から鼓膜の間が細菌の感染により、
炎症を起こす事を外耳炎といいます。

その原因は、耳垢がたまったりしてダニが繁殖することで起きます。
これを防ぐには、普段から猫の耳を清潔に保ってあげることが
必要です。

治療には外耳道を洗浄消毒して、動物病院で抗生物質を散布することが
必要になります。


私が昔飼っていた、猫も耳の病気にかかったことがあります。
幸いすぐに治ったので良かったですが、愛猫が苦しむ姿を見るのは
辛いものです。

普段からよく観察して、猫ちゃんの異常にはすぐに気付いて
あげられるようにしたいですね(^^;)

犬の耳と病気の症状

耳の病気症状といえば、痛いものや違和感、めまいなど
いろいろあります。
血が出たりすると、難聴になるのではと不安になりますよね。

耳の病気は赤ちゃんや子供に多いですが、
犬や猫などのペットにも耳の病気はかかりやすいと
いわれています。

簡単に犬の耳の仕組みを説明します。
犬の耳は優れた器官で、その聴力は人間の数倍と言われています。

小さな音を集めることができ、平衡感覚にも優れています。
垂れ耳の犬や、毛の長い犬は耳の病気にかかりやすい
と言われています。

犬の耳は、耳介・外耳・中耳・内耳に分けられます。

耳の穴部分をさしているのが外耳です。
音を集める耳介から鼓膜までつながっています。

中耳は鼓膜の振動を調節していて、鼓膜の奥に小さな骨で出来ています。

さらに奥には、聴覚と平衡感覚をつかさどる内耳があります。


・犬の外耳炎
アレルギー体質の犬や垂れ耳の犬によくみられます。
外耳に炎症が起こる病気で、常に耳アカがたまった状態になります。

悪臭のある黄・茶色の耳垢がいっぱい出るようになります。
進行すると耳介の炎症や腫れ・ただれが見られるようになります。

そのため痒みがあり、耳の後ろの方をひっかいたり、頭を振ったりしたら
要注意です。

外耳炎はタレ耳の犬に多く見られる病気なので、普段から
犬の耳をよく観察するようにしましょう。

犬の耳の病気のいろいろ

耳の病気といえば人間だけがかかるものではありません。
赤ちゃん子供耳の病気は多いですが、
実は犬や猫などのペットにも耳の病気は多いです。

犬の耳の病気の種類には、
中耳炎・内耳炎・外耳炎・耳血種・耳かいせんなど
さまざまな症状の病気があります。

犬は人間と違い言葉を喋りませんので、痛いとしても人間に伝える事ができません。
私たち人間が普段から最愛のペットである犬や猫を
見守ってあげることが大切ですね。

中耳炎は、人間の子供や赤ちゃんに多いですが、犬の場合はどんな症状になるのでしょう。

犬の中耳炎は、かゆみは無いのですが痛みが激しいので、耳を触れられるのをひどく嫌がるようになります。
愛犬が耳をさわられるのを嫌がったら、中耳炎を疑ってみましょう。

熱がでたり、膿がたまったり、ひどい時には鼓膜が破れたりもするので
抗生物質を用いた早期治療が大切です。

中耳炎の痛みと症状 子供や赤ちゃんの痛み

耳の病気で犬や猫でなく人間の赤ちゃん子供によくある症状の
病気に中耳炎があります。

症状は、耳だれ(耳漏)や耳の痛み、聴力低下を伴い難聴になるのでは
といった不安もあります。

中耳炎(ちゅうじえん)とは、中耳に炎症が起こる病気です。
基本的には、細菌感染症であることが多いです。

赤ちゃんや子供はプールや温泉などで感染したりすることも
多いようです。


■その中耳炎の種類について

急性中耳炎
滲出性中耳炎
慢性中耳炎
真珠腫性中耳炎
好酸球性中耳炎:気管支喘息患者にみられる事のある難治性の中耳炎。
ニカワ状の耳漏(耳だれ)が特徴。再燃寛解を繰り返し、感音難聴が進行する。

・耳内の状態を顕微鏡などで観察することで、ほとんどの中耳炎が診断可能です。

■治療
一般的に、以下の処置を行う事で治療が可能とされています。

・急性中耳炎には抗生物質による治療が効果的である。
また、鼓膜切開が行われる事がある。

・慢性中耳炎に対しては、手術が必要。
ただし、耳漏を一時的に止める場合には、抗生物質の投与と耳の処置で対抗可能である。

・好酸球性中耳炎に対しては、鼓膜へのチューブ留置術、
中耳内へのステロイドの局所投与、ステロイドの全身投与などが行われている。
ただし、まだ治療法は確立はされていない。

参考出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』


実は私も子供の頃に、家の近所のプールに通っていて中耳炎になったことが
あります。
当時の記憶はあまりありませんが、子供ながらにすごく痛かったことだけは
鮮明に覚えています。

その頃の年齢は確か小学校の低学年か、幼稚園くらいだったと思いますが、
とにかく痛いことだけは覚えております。
赤ちゃんだったらもっと痛いことでしょう。

子供の中耳炎を、その症状にいち早く気付いて治すのは親の役目です。
可愛い我が子に痛い思いをさせない為にも、その前兆などにも
気を使っておくのが良いでしょうね。

犬・猫、赤ちゃんや子供の耳の症状

耳の病気症状といえば、赤ちゃん子供、犬や猫などは
耳の病気にかかりやすいと言われています。

そんな耳の病気を防ぐには?症状にはどんな種類があるのか
といった情報を提供していきたいです。

よくある耳の病気には、中耳炎耳鳴りなど異常や違和感を
感じる事があります。

中には脳の異常や、耳から血が出たりして難聴になるのでは?と
違和感を感じる人もいるでしょう。

犬や猫の症状には、ダニが関連したものもあり
人間にも影響があるのではと不安になるかもしれませんね。

耳でも後ろの方に違和感を感じる人もいたり、
症状にもいろいろと種類があります。

子供や赤ちゃんには漢方薬は効くのですか?といったことや
症状にめまいが出る人、乳児の耳の違和感にはどうすれば
気付くのか?

そういった耳のさまざまな病気の症状や種類についての
情報をこのサイトでは紹介していきたいです。

ご家庭で犬や猫、ミニチュアダックスフントやトイプードルを飼っている人は
耳の病気で悩むことも多いと聞きますので、そういったペットの
耳の症状についても調べていきたいです。